Now Loading...

2018.07.19

[060] banzoku.comによる半年ぶりの近況報告

takemitsuan

デザイナー(タケミツアン)と思想家(takeru)が
サブカルチャーについてカジュアルに話します。
Podcastで配信中です。

takeru

ご無沙汰しています。banzoku.comです。
banzoku.comを更新しなくなって早半年。
今回は、この半年の間に私たちが何をしていたかについて話しています。

主なコンテンツ

  • takeruが過ごしたダメな2018年上半期

  • アツミの何もなかった2018年上半期

  • 人生は早めに尖っておいた方が良い説

  • 最近のテック関連のニュースで気になったもの

takeruのあとがき

久し振りに会うと話が貯まってるかとかと思いきや、何話せばいいのか分かんなくなるほど話が出てこないんですよね。直前まではあれ話そう、これ聞こうとか思ってるのにね。
そして、話し終わってからまた色々出てくるんだから、たちが悪い。だから、こうして文字にしようと思ったわけです。

ここでは、主にその回の話を補足しようかと。今回もっとも補足したいのは、「tiktokなんてもので通信量を増やすな」という発言について。

これは俺の携帯の契約上、通信制限がかかるとかいう話ではなくて、全世界中でやり取りされているネットワーク全体に対するデータ圧迫の話ですね。

誰かが、何かでっかい通信をすると回線が占領され、みんなの通信速度がどんどん遅くなる。みんながデータの大きな通信を行えば行うほど、限られた通信量が悲鳴を上げる。体感的にも感じると思うけど、動画というのはデータ通信量が大きいですからね。

そして、ネット上での通信量は年々増え続けている。これに対し、通信会社やデータセンターが必死に設備増強して頑張ってくれてるのです。

ただ、現代において動画コンテンツというのは、youtubeやNetflixをはじめ、多くのサービスが掃いて捨てるほどあり、tiktokなんてそのほんの一角でしかない。つまり、完全なあてつけです。

アツミのあとがき

約半年ぶりのbanzoku.comでございます。
とても楽しかったのですが、聞き返してみると随分とテンションが低く感じますね。

今回印象に残っているのは、終盤で話題にあがった『ZOZOSUITE』について。
なんとなく二人の会話が噛み合っていない感じがありましたが、放送を聞き返したら二人の視点が違っていたからだと感じました。
私はある種の”ファッション弱者が感じる自分で服を選ばなくても良いメリット”をあげ、takeruさんは”ファッションにこだわりがある人が感じるサービスの物足りなさ”をあげているのが印象的です。
また、ZOZOSUITEを使ったサービスについても、私はオーダーメイド形式のシャツやデニム、takeruさんは『おまかせ定期便(http://zozo.jp/teikibin/)』について思い浮かべたのも面白いですね。

さて、冒頭でもお話した通り、今回の録音で数年ぶりに音楽スタジオという場所にきました。
CDが売れなくなり、Apple MusicやSpotifyを始めとするサブスクリプションサービスに主流が移りつつある音楽業界。
しかし、スタジオにいる人たちの雰囲気は昔と変わっていませんでした。
テクノロジーの進化によって消費の形態が変わっても、作り手側の根幹にあるものは変わらないのかもしれないですね。(良い部分も悪い部分も)
今年は楽器は持ってスタジオに入れるといいな。

放送の全編はこちら

banzoku.comでは、ご意見・ご感想・放送で取り上げて欲しい内容など
あなたからのお便りを募集しています!

で、お待ちしています!!

takemitsuan

タケミツアン

デザインをしています。
お仕事ください。 Website

takeru

takeru

Twitterでポエムみたいなものを書いています。
Podcast界の哲学・思想家。
エレキベースを中心にした音楽ブログEat the Bassを運営。月間25万PVを記録。

RANKING