Now Loading...

2017.09.04

[028] 趣味が捗るwebサービス入門 -前編-

takemitsuan

デザイナー(タケミツアン)と思想家(takeru)が
サブカルチャーについてカジュアルに話します。
Podcastで配信中です。

takeru

二人の夏休みが合わずにすっかりご無沙汰していましたが、久しぶりの二人揃っての放送です。

前にオススメのアプリについて話したけど、今回はもっと枠を大きくしてWebサービスについて話したいです。

二人ともインターネットが普及しきっていない時期から青春時代が始まって、それに伴って生活がどんどん便利になってる気がする。
特に若いときから続いている趣味や娯楽の分野で便利にそれを実感する機会が増えた。

つまり、最近便利になったWebサービスということだね!

そうそう。
今回は「読書・音楽・映像」という趣味の分野が、webサービスによってどういう風に便利になったのか喋っていこうかと思います。

Kindle (電子書籍)

Kindle for Mac [ダウンロード]

まずは「Kindle」。
takeruさんはKindle使ってる?

前に技術書を買ったときに読み辛さ感じて敬遠してたんだけど、最近小説などを読むのに使い始めた。
移動中はすごく便利だよね。
混雑してると紙の書籍だとページがめくれなかったりするし……

あと、単純に本屋に寄る時間が取りにくいっていうのはあるよね……
でも本は発売日に読みたいからKindleで帰るのはすごく便利。

確かに、家にいてボタンひとつで買えるのは良いよね。

その分、紙の書籍に比べて装丁を楽しむとか、所有欲求を満たされない部分はあるんだけど……

これは電子書籍に限らず音楽配信も同様なんだけど、データとして配信することでパッケージとかのこだわりを伝えづらい部分はあるんだけど、買うことへのハードルはすごく下がったと思う。
より大衆化されるようになった。

確かに。
Kindle Unlimited月額制のものだと、せっかくだから読んでみようかなと思う本が増えた。
雑誌を2冊買う値段で元が取れるから、情報収集や流行を追うという意味ですごく良い。

そういう意味では新聞と近いね。

そうだね。読書の楽しみかたとはちょっと違うかもしれない。
話をKindleに戻すと、手元に置きたいという本以外は電子書籍の方が場所も取らなくていいなと思う。

以前の放送で話した『ザ・ゲーム』は紙の書籍で買ったんだけど、分厚くて持ち歩けない。でも、本を読む時間は移動中が多いという矛盾……
ああいう本こそ電子書籍で買っとけば良かったなと感じる。

ザ・ゲーム フェニックスシリーズ

そういえば、昔はKindleって専用のデバイスでしか読めないと思ってた。
iPhoneやiPadでもアプリを入れれば読めることを知ってから読むようになった。

iPhoneで読めるっていうのは大きいよね。
雑誌とかは無理だけど、テキストベースのものなら文字サイズも調整されるから読みづらくないし。
もしまだ読んだことのない人は試しに一冊買って読んでみると印象が変わるかもしれない。

後半はこちらから

おまけ

放送で紹介した焼肉屋さん。
とても美味しかったので、よみうりランド駅に訪れた際にはぜひ…!

放送ではその他にも、

  • banzoku.comの夏休みの思い出

  • 最近耳にするIOTってなに?

  • takeruがKindleに感じる問題点

について話しています。

放送の全編はこちら

takemitsuan

タケミツアン

デザインをしています。
お仕事ください。 Website

takeru

takeru

Twitterでポエムみたいなものを書いています。
Podcast界の哲学・思想家。
エレキベースを中心にした音楽ブログEat the Bassを運営。月間25万PVを記録。

RANKING