Now Loading...

2017.04.02

[010] 全米で住みたい町No.1のポートランドから生まれた『サードウェーブコーヒー』とは

takemitsuan

デザイナー(タケミツアン)と思想家(takeru)が
サブカルチャーについてカジュアルに話します。
Podcastで配信中です。

takeru

今回は『ポートランド』についてお話しします。
以前からtakeruにポーランドやシンガポールと間違えられているけど、そろそろ覚えてほしい……!

その三つは僕のなかで一緒だから。

ポートランドってここ数年で認知度があがったと思うんだよね……
数年前からpopeyeで特集されたのをはじめとして、けっこう話題にあがっているはず。

タケミツアンはpopeyeに踊らされてるんじゃないだろうか……

そんなこんなで去年の10月に1週間ちょっとポートランドに行ってきたから、街の魅力について話していくね。

ポートランドは旅行に向かない……?

TRUE PORTLAND -The unofficial guide for creative people- 創造都市ポートランドガイド Annual 2015

オレゴン大学に留学している弟に会うついでに旅行してきた感じなんだけど、結論からいうと旅行で行くにはお勧めしづらいかな……

ほぅ…なんで?

観光名所があまりないから、壮大な景色などを期待いくと拍子抜けしてしまうかもしれない……
逆にのんびりと街で過ごすというのがピッタリな感じ。

日常の細々としたものがお洒落って感じかな?

そうそう。丁寧な暮らしみたいな(笑)

クオリティオブライフ的な(笑)

芸術都市や環境に優しい都市、全米一住みたい都市にも選ばれたことがあるよ。

全米一はすごいね!

でも街自体はほんとに小さくて、三日あれば十分見て回れる。

ディズニーランドくらいな感覚…!

有名どころの企業だとNIKEやコロンビアの本社がある。
最近日本にも出店した『ブルースタードーナツ』もポートランド発だね。

最近流行のサードウェーブコーヒーってなに?

サードウェーブ・コーヒー読本

あと、ポートランドはコーヒーでも有名。
サードウェーブコーヒーの駆け出しも言われている『スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ』があるよ。

タケミツアンも行ったの?

行った。ミーハーだから(笑)
ポートランドは本当にサードウェーブコーヒーのお店が多った。

ちょっと待って!
そもそもサードウェーブってどういうこと?

(この流れになってよかった……!)
サードウェーブの説明の前に、ファーストウェーブ・セカンドウェーブの説明をするね。

保存や流通が発展して”みんなに安く提供できるようになった”のがファーストウェーブ。
インスタントコーヒーなどを思い浮かべてもらえると分かりやすいかも。

みんなが手軽に楽しめるようになったんだね。

セカンドウェーブはスターバックスが好例。
仕入れからお店での提供までをシステム化して”高水準のコーヒーを提供”できるようになった。
カフェラテとかコーヒーに手を加えたもの楽しみができたのもこの頃。

スタバ男子だね。

サードウェーブは、そこからのアンチテーゼみたいな感じで。
一律化されて大量生産もれたものを消費するのではなく、もっと生産に拘ろうという流れ。
コーヒー豆の生産地にこだわって、ひとつひとつを丁寧に入れていくのが特徴。
コンテクスト的な部分を大事にしている。

なるほどね。

でも、このサードウェーブって実は日本から影響を受けている部分もあって。

純喫茶とか。

そうそう。
コーヒー豆にこだわって、マスターが丁寧に淹れてくれるよね。
そういう喫茶店は自分たちの親世代くらいからたくさんあるよね。

世界が私たちに追いついた……!

まだまだある!ポートランドの魅力

JACOBSEN SALT ピュアコーシャーシーソルト

ポートランドでは、コーヒーに限らず”サードウェーブ”を大事にしてる。
だから、生産できる量が限られていて小売店が多い。
そして価格も高め。

輸入するから高いわけではないんだ…!

そうそう。
でも、消費者側も生産者の熱意や拘りを大事にしていて、多少値段が高くてもそういったものを好んでる。
最近日本でも注目されているミニマリズムにも通じるものがあるよね。

他にもクラフトビールが有名で、こちらも麦芽や発酵にこだわったブリュワリーがたくさんあるよ。

それはいいね!

日本でもSVBをはじめとして、クラフトビールがここ数年注目されているよね。
今度一緒に行きましょう。

いや、僕はスタバ男子みたいなのはちょっと……

それはセカンドウェーブ……
今日の話を何も理解してくれていない……!

放送ではこの他にも

  • ブルーボトルコーヒーの話

  • タケミツアンが中国人と勘違いされていた話

  • いただいたお便りやハッシュタグ

などを話しています。

放送の全編はこちら

takemitsuan

タケミツアン

デザインをしています。
お仕事ください。 Website

takeru

takeru

Twitterでポエムみたいなものを書いています。
Podcast界の哲学・思想家。
エレキベースを中心にした音楽ブログEat the Bassを運営。月間25万PVを記録。

RANKING